アコム 金利

消費者金融は金利が高いというイメージですが、金利の制限が規定されてからは利用しやすい金利になり、昔と違い消費者金融もクリーンなイメージになってきています。特に消費者金融のアコムの金利は最高金利は18.0%と他社と変わらない設定となっていますが、最低金利は消費者金融業界トップクラスの4.7%となっています。アコムの低金利ならではのオススメの利用方法は、おまとめローンや100万単位の高い金額の借り入れです。低金利で借りるには信用も必要ですが、比較的高い額のお金を借り入れをするほど金利は低くなります。当サイトでは低金利ならではの利用方法・活用方法等をご紹介していますので、アコムを検討されている方や、業者選びに困っている方は是非参考にしてみて下さい。

 

他社の低金利商品の相場

アコムの商品は目的の定まらないフリーローンといった性質や、また繰り返し使ってもらうことで、長期にわたってお客さんとお付き合いするという性質である為、金利はどうしても15%から低くても14%程度になってしまい、金利の低い銀行ローンに比べるとその高い金利は否めないように感じます。

 

しかし実は銀行の低金利ローンというのもアコムのような一本化商品の場合に適応される場合が多いのが実情です。しかも銀行の一本化ローンは返済に特化したローンである為、カードで自由に借りたり返したりといった、繰り返し使うことができません。

 

この貸し出し方法のことを証書貸付といって、現在の借金の総額と件数を予め、銀行へ伝えその借金の返済財源として貸し出す方法になる為、毎月の返済も決まった日に口座から引き落とされる方法となります。住宅ローンを組まれている方ならお分かりかと思いますが平たくいうと、住宅ローンのような返済方法となります。

 

この証書貸付にすると金利も低いし返済は早く終るでしょうが、必要な時に借入れできません。また銀行のおまとめローンの契約内容によっては証書貸付返済中に新たなローンが発覚した場合は、期限の利益を喪失してしまう、つまり、元利一括返済を求められてしまう場合もあります。

 

ですから必要な時があってもそこは上手に日々の生活をやりくりする必要性があるのです。この証書貸付を経験してみると、完済したとき支払った銀行ローンの金利は低かったけど、一本化された借金をひたすら返済し続けただけで終ってしまい、なんとなく不便さを感じずにはいられないといった気分になります。